レッド・グラミーの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【赤いグラミー】







太陽のように赤いグラミーがこちら、レッド・グラミーです。可愛いグラミーの姿はそのままに、赤いボディが鮮やかな種類で、色揚げ用のエサを与えて飼育するとさらに赤く染まっていきます。

そんなレッド・グラミーの飼い方・餌・繁殖・寿命など、必要な情報をまとめました。

名前

レッド・グラミー

学名:Colisa labiosa var.(※流通名で記載する場合があります)

シックリップ・グラミーを改良した品種。原種と同様に厚めの唇を持ちます。

体長(サイズ)

約7~10cm

ドワーフグラミーよりも一回り大きく、最大で10cm程度になります。

体色は赤一色ですが、尾びれは透明~白になり、とても美しいコントラストを持った熱帯魚なので観賞魚としてオススメです。

寿命

約3~5年

飼育する環境による所が大きいですが、一般的な寿命です。

特徴

可愛いグラミータッチと優雅な泳ぎ姿

長く発達した胸ビレが触覚のような役割を果たしており、興味があるものをツンツンと触って確かめる【グラミータッチ】と呼ばれるアクションが特徴的で、その愛くるしい姿にファンが多い魚です。

ただ強い水流は好まないので、ゆったりと泳げる水流の弱い環境で育ててあげるのが良いでしょう。

水草が多く繁栄していると水草の中で休んでいる姿を見る事が出来ます。なるべくストレスをかけずに育成したいですね。

性格は温和で混泳にも向いており、水草水槽で飼われる事の多いヤマトヌマエビなどとの混泳も特に問題ありません。

水温・水質(pH)

26℃前後・弱酸性~中性(pH5.5~7)

レッド・グラミーは混泳させる事も多いと思いますので他の魚の適温である26℃前後で問題ないでしょう。

また水質も本来の環境に近付けるとするとやはり弱酸性が良いでしょう。

ただ導入時の水質の変化には敏感ですので、水槽導入時は点滴法などでじっくりと時間をかけて水合わせを行うようにして下さい。

餌(エサ)

色揚げ用のエサをメインに、人工飼料・冷凍赤虫など

色揚げ飼料を与えない場合、赤の発色が薄くなります。(といっても本来の色に戻るだけなのですが)鮮やかな赤の発色にさせたい場合は、アスタキサンチンを多く含む色揚げ用の飼料をメインに与えましょう。

その他、人工飼料や冷凍赤虫なども食べます。

繁殖

繁殖自体は可能だが、稚魚の飼育が難易度高め

発情期になると水面に泡をプクプクと吐きだし【泡巣】を作る習性があります。その為、浮き草をたくさん浮かべておくと、その浮き草を目掛けて一生懸命に泡を吐きだす様子が見られます。

繁殖に成功するとその泡巣に産卵します。稚魚が生まれてからの隠れ家に利用できるよう、水草を豊富に植えておくと安心です。

一応親たちは、孵化するまでには卵を守る習性があります。

難易度が高いのは稚魚が生まれてからで、稚魚は非常に小さく初期飼料がとても難しい為、ブラインシュリンプよりもさらに小さい餌となるインフゾリアなどを与えて飼育する必要があります。

ある程度育ってしまえば問題ありませんが、小さいうちは水質の変化にも敏感ですので水替えなどをマメに行い水の汚れには気をつけましょう。

その他の似た種類

ゴールデンハニー・ドワーフグラミー

グラミーの中でも非常に人気の高い種類。小さめなので小型水槽でも飼いやすい。

ゴールデンハニー・ドワーフグラミーの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【GHD】

ネオン・ドワーフグラミー

輝くようなブルーの体にオレンジのラインが入った観賞魚。ゴールデンハニー・ドワーフグラミーよりもやや大きめ。

ネオン・ドワーフグラミーの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【観賞魚におすすめ】

サンセット・ドワーフグラミー

夕焼けのような鮮やかなオレンジがとても美しい種類。ゴールデンハニー・ドワーフグラミーよりもやや大きめ。

サンセット・ドワーフグラミーの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【観賞魚におすすめ】

 



ABOUT US

このブログを運営している「いぬまる」です。 このブログを読んで頂く事で、皆さまのアクアリウムライフがより豊かで素晴らしいものになることを願いこのブログを運営しております。 初心者向けの記事や、熱帯魚など生体についての記事、実際にレイアウト水槽を作る様子を綴った記事などを投稿しております。 好きな熱帯魚はグラミー、コリドラス、カラシンです。