インパクティス・ケリーの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【青紫に輝くカラシン】







ブラックネオン・テトラのような見た目ですが、よく見ると光が当たる角度によりボディの青紫が美しく輝いて見えるインパイクティス・ケリー。少々気が強く、縄張り争いをするので注意が必要です。

そんなインパイクティス・ケリーの飼い方・餌・繁殖・寿命など、必要な情報をまとめました。

名前

インパイクティス・ケリー

学名:Inpaichthys kerri(※流通名で記載する場合があります)

ブラジルはマディラ川上流域原産のカラシンです。天皇陛下がブラジルを訪問した際に日本に持ち帰ったとされる種で、現在では繁殖法が確立され、水槽内でも繁殖が可能な人気の魚となっています。

体長(サイズ)

約5cm

ボディに一直線に入る太いラインは黒っぽく見えますが濃紺のような深みのある色で、ボディは光の加減により青く輝いて見える非常に美しい熱帯魚です。一般的にはメスよりもオスのほうが色彩が濃く、鮮やかになる傾向にあります。

寿命

約3~5年

飼育する環境による所が大きいですが、一般的な寿命です。

特徴

気が荒く頻繁に縄張り争いをする為、隠れ家を多めに容易すること

インパイクティス・ケリーは少々気が荒い性格として有名で、オス同士でよく小競り合いをすることがあります。水槽サイズを大きめにして余裕を持った飼育をするか、流木や水草などの隠れ家を多めに配置してあげることが大切です。

他の種と混泳させる場合は弱い者いじめを無くすため、同サイズでまとめたほうが無難です。

水温・水質(pH)

20~25℃・弱酸性~中性(pH5.5~7)

インパイクティス・ケリーは多くの熱帯魚が好む26℃よりも少し低い水温、23℃前後を好みます。低い水温で飼育する為、白点病に罹りやすい傾向にあります。

水質には結構敏感な種類なので、水槽導入時は点滴法などでじっくりと時間をかけて水合わせを行うようにして下さい。また、水換え時の水質変化にも注意です。水換えをする際は新しい水を一度に大量に入れるよりも、短い期間で少しずつ水換えをする方が安定します。

餌(エサ)

人工飼料・生き餌

基本的になんでも食べる種類ですので人工飼料で問題ありません。たまに冷凍赤虫などの生き餌を与えると健康に育つハズです。

繁殖

繁殖は比較的容易

インパイクティス・ケリーの繁殖は、十分に成熟したペアが複数いれば狙えます。メスの脂ビレがオレンジに染まる為、判別は容易でしょう。

繁殖に成功すると水中や床にバラ撒くように産卵をするため、水草が豊富に繁殖している環境がオススメです。豊富な水草は生まれた稚魚達の隠れ家にもなる為、安心です。

稚魚が生まれてからはブラインシュリンプなどを与えると良いでしょう。

ある程度育ってしまえば問題ありませんが、小さいうちは水質の変化にも敏感ですので水替えなどをマメに行い水の汚れには気をつけましょう。

その他の似た種類

ラミーノーズ・テトラ

小型のカラシン。赤い鼻先が緑が多い水草水槽によく映える人気の種類。

ラミーノーズ・テトラの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【赤鼻のカラシン】

グローライト・テトラ

ネオンテトラと同様に古くから愛される、オレンジに光るラインが幻想的な種類。

グローライト・テトラの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【初心者にもおすすめ】

ネオンテトラ

熱帯魚の代名詞とも言える小型でネオン模様が美しい定番の種類。

ネオンテトラの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【初心者にもおすすめ】

 



ABOUT US

このブログを運営している「いぬまる」です。 このブログを読んで頂く事で、皆さまのアクアリウムライフがより豊かで素晴らしいものになることを願いこのブログを運営しております。 初心者向けの記事や、熱帯魚など生体についての記事、実際にレイアウト水槽を作る様子を綴った記事などを投稿しております。 好きな熱帯魚はグラミー、コリドラス、カラシンです。