ガラス面のコケ取り職人「石巻貝」を導入します!【30cmキューブ水草水槽4】

スポンサーリンク

<水槽立ち上げから8日>

水槽を色んな角度から見ていると、水槽内のガラス面に茶色いコケのようなものが確認できました。コケ取りコケ取り……と調べていたら、掃除用具ではなくて生体でいいお掃除屋さんがみつかりました!笑

その名も「石巻貝」!!

さっそくアクアショップで2匹買ってきました。30cmキューブなので2匹くらいがベストでしょうか。あまりたくさんでもガラス面にビッシリつかれると水槽内が見えなくなっちゃいますからね。笑

貝だからと言って水合わせもせずにドボンはさすがにやりません。しっかりと点滴法で水合わせをして導入してみました。

ポトンと落とすと仰向けになって起き上がれない可能性があるのでしっかりと手で底面に置いてあげます。置いてから数十秒後……動き出しました!ガラス面の近くに置いたのですが、すぐにガラスをのぼりはじめました!!

見えますでしょうか。ヒーターの高さ辺りに横線のような形であるうっすらとした汚れ……たぶん茶ゴケだと思いますが、これを目掛けて石巻貝が一直線で向かいました!触覚のようなものがフリフリ動いているので餌を感知しているのでしょうか?

現場に到着した石巻貝は綺麗にコケのついている辺りをなぞって進んでいきます。進みながら口をパクパクさせかじりとっているように見えます。そして確かに、石巻貝が通った後は茶ゴケがなくなり綺麗になっていました!

※後日、石巻貝の食事風景の動画を撮影したので是非ご覧下さい。

こいつは可愛い上にお掃除上手です!ガラス面のコケ取りクロスなど、掃除グッズも多数販売されていますが、石巻貝なら可愛い&綺麗の一石二鳥です!ガラス面に張り付く事で水景の邪魔になる、と嫌う方もいるみたいですが……笑

しかしこの石巻貝。移動スピードが結構速いんですね!少し目を離した隙に「あれ?いなくなった……え!?もうあんな所にいる!」と驚く事が多々あります!笑

魚がいて、エビがいて、貝がいて……と水槽内が大分賑やかになってきました。生体によって水槽内で過ごす位置が違うので、水中、底面、ガラス面など、自然に水槽内を隅々まで見るクセがつきました。

石巻貝の導入でガラス面のケアはバッチリではないでしょうか。この調子で綺麗な水槽を維持していけたらいいですね。

ちなみに石巻貝のエサはないそうです。自然にできるコケを食べていくそうなのでたぶん餌をあげなくても大丈夫だと思います。

水槽が綺麗になるように石巻貝を応援します!