石巻貝の飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【コケ取りにおすすめ】

ガラス面の藻やコケを食べてくれることから水槽内で熱帯魚と一緒に飼育をするタンクメイトとして人気の高い貝で、パクパクしながら移動するユニークな動きがとても微笑ましい石巻貝。

そんな石巻貝の飼い方・餌・繁殖・寿命など、必要な情報をまとめました。

名前

石巻貝

学名:Clithon retropictus(※流通名で記載する場合があります)

主に西太平洋沿岸部周辺に生息する淡水・汽水生の巻貝。

日本の南部でも生息しているが、「絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト」いわゆるレッドリストに一部で掲載されている絶滅危惧種です。

体長(サイズ)

約2~3cm

本来は最高で4階建ての巻貝だが、カルシウムが足りない河川の水の影響で殻のてっぺんが欠けている事が多いです。

貝を食べる大型の魚とでない限り、混泳も問題ありません。

寿命

約1~2年

飼育する環境による所が大きいですが、一般的な寿命です。

特徴

優秀なコケ取り能力

やはり特筆すべきはそのコケ取り能力です。水草や流木、石やガラス面、フィルターやヒータのパーツなどあらゆる所の藻やコケを削り取っていきます。

特にエビが苦手なガラス面の掃除(コケ取り)は石巻貝に任せると、スクレーパーのように通り道を綺麗にしてくれます。

ただガラス面上部から落ちたり、ひっくり返っている場合は注意が必要です。

元気な個体は自力で起き上がる事もありますが、大抵の個体は自力で起き上がるのが難しい為見つけたら起こしてあげましょう。

ガラス面に貝が張り付いて景観を損ねるのが嫌な方は、ヤマトヌマエビなど他のタンクメイトがおすすめです。

水温・水質(pH)

1028と幅広い・弱酸性から弱アルカリ性(pH5.5~8.5

淡水・汽水の環境に生息する為、水温に対する耐性は高めです。

水質も弱酸性から弱アルカリ性までであれば、どのあたりでも問題ないでしょう。

とは言え急激な水質の変化はストレスになりますので水槽導入時は水合わせを行うようにして下さい。

ヒーターを使用している環境では、ヒーターに直接張り付くと火傷のおそれがありますのでヒーターカバーをつけてあげるといいでしょう。

餌(エサ)

水槽内の藻やコケ

基本的には藻やコケなどをパクパクして削り取っています。

立ち上げ時の水槽内にまったくコケのない状態や、流木や石など素材が全然ない状態だと食料がなくなりがちですので注意して下さい。

底床や水草や石や流木などがある程度存在する環境なら問題ないでしょう。

ゆっくりとした動作で微細なコケなども食べていますので、特に餌を気にする事はありません。

繁殖

汽水の環境が必要

暖かくなる季節に交尾をし、岩や流木、個体の体などに白い卵嚢をいくつも産み付けます。(卵嚢の中には100個程度の卵があります。)

孵化した幼生(ベリジャー幼生)はしばらく浮遊しながら海まで下っていき、成長したら汽水域まで登っていき幼貝となり、さらに成長しながら淡水域まで戻ってきます。(両側回遊型)

その為、一般家庭の環境では繁殖はかなり難度が高いです。

 

その他の似た種類

カラーサザエ石巻貝

黄色と黒の鮮やかな配色でサザエのようなトゲのついた殻を持つ石巻貝。

カラーサザエ石巻貝の飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【コケ取りにおすすめ】

シマカノコ貝

ガラス面についているコケなどを食べ、コケ取り生体として活躍が期待できる貝。黒い縞模様が美しい種類。

シマカノコ貝の飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【コケ取りにおすすめ】

ヤマトヌマエビ

主に糸状のコケなどを食べ、コケ取り生体として活躍が期待できる種類。

ヤマトヌマエビの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【コケ取りにおすすめ】