グラスブラッドフィン・テトラの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【透明なカラシン】







透明な体と赤く染まった尾ビレのコントラストがとても綺麗なグラスブラッドフィン・テトラ。緑が生い茂る水草水槽にとても良く合う小型のカラシンで、グッピーやネオンテトラなど大抵の小型魚と混泳が出来る為安心して導入出来ます。
そんなグラスブラッドフィン・テトラの飼い方・餌・繁殖・寿命など、必要な情報をまとめました。

名前

グラスブラッドフィン・テトラ

学名:Prionobrama filigere(※流通名で記載する場合があります)

ブラジルはマディラ川が原産のカラシンの仲間です。ブリード個体が多く流通するようになり人気が出ました。グラス(透明)とブラッドフィン(赤いヒレ)の名の通り、透明なボディと赤い尾ビレが特徴的な種類です。

体長(サイズ)

約3~5cm

透明なボディと赤い尾ビレとのコントラストが美しく、水草水槽で群泳させると非常に美しい水景になるでしょう。

また、オスは尻ビレの先が白くなる傾向にあります。

寿命

約2~3年

飼育する環境による所が大きいですが、一般的な寿命です。

特徴

混泳も可能で水草水槽での飼育がおすすめ

グラスブラッドフィン・テトラは同種間で争うことはありますが、基本的には温和な性格の為、同程度のサイズであれば多種との混泳は特に問題ないでしょう。また、同じ小型カラシンとの相性がとても良く、コリドラスなどの底面を泳ぐ熱帯魚との混泳にも向いています。

特徴的な透明ボディを最大限に活かすのであれば、やはり水草水槽での飼育です。水草の美しさが透けて見え、なおかつ赤い尾ビレからは魚の美しさが見えるとても鑑賞性の高い種類です。

水温・水質(pH)

22~28℃・弱酸性から中性(pH5.57.0

グラスブラッドフィン・テトラは混泳させる事も多いと思いますので他の魚の適温である26℃前後で問題ないでしょう。

水質も弱酸性から中性までであれば問題ないでしょう。水質が適切の場合、発色が特に良くなります。

ただ導入時の水質の変化には敏感ですので、水槽導入時は点滴法などでじっくりと時間をかけて水合わせを行うようにして下さい。

餌(エサ)

人工飼料・冷凍赤虫など

粒状の人工飼料でいいでしょう。あまり大きい粒だと食べられないので、生体のサイズに合わせて粒をさらに細かく砕いてから与えるなどして下さい。

また多くの熱帯魚が好む冷凍赤虫も彼らからすると少し大きいみたいですが喜んで食べてくれます。

テトラ系はお腹がいっぱいになっても目の前に餌があると食べてしまう為すぐにお腹がぷっくりしてしまいます。

肥満は寿命を縮める事にもなりますので、スマートな体型を維持させる為に2日に1回、少量を与えるくらいがオススメです。

元気な個体はエサに食いつくスピードがとても速く、逆に弱っている個体はエサを食べられない事がありますのでエサを食べていない個体がいないか注意して見ていてあげて下さい。

繁殖

繁殖難易度は非常に高い

水槽内での産卵が出来ない訳ではありませんが、グラスブラッドフィン・テトラの稚魚はとても小さくその育成がかなり困難です。

一般的な水槽内での繁殖は無理だと思った方がいいでしょう。

その他の似た種類

ラミーノーズ・テトラ

小型のカラシン。赤い鼻先が緑が多い水草水槽によく映える人気の種類。

ラミーノーズ・テトラの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【赤鼻のカラシン】

シルバーチップ・テトラ

黄色い宝石とも呼ばれる透明感のある体色が美しい種類。ハセマニアの名称でも知られる。

シルバーチップ・テトラの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?

グローライト・テトラ

ネオンテトラと同様に古くから愛される、オレンジに光るラインが幻想的な種類。

グローライト・テトラの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【初心者にもおすすめ】