コリドラスの種類をカラー別に紹介!あなたの水槽に合うコリドラスは何色!?【熱帯魚】

現在確認されているだけでも150以上の種類が存在するコリドラス。本当に様々な種類がいますが、どのコリドラスも水槽の底面で砂をモフモフする姿はなんとも言えない可愛さです!そんなコリドラスをカラー別に分け、代表的な種類かつオススメしたい種類を挙げてみました。コリドラスの世界はまさに虹色です!!

コリドラス・アエネウス・アルビノ

白いコリドラスと言えばコチラでしょう。通称”白コリ”と呼ばれる人気種です。白コリはコリドラスの中でも比較的丈夫で、初心者にも飼いやすい種類として知られていますね!

この白さを際立たせるには水槽レイアウトにもコントラストを意識したいですね。色の濃い素材を使ったレイアウトにすると存在が際立つハズ。流木や石などは色の濃いものを選び、水草も葉が淡い(明るい)グリーンではなく、深い(暗い)グリーンの方が際立ちます。また、水槽の背景に黒のバックスクリーンを貼ったりなんかしても白さが目立ちますね。

コリドラス・アエネウス

通称”赤コリ”と呼ばれるコリドラスです。赤というか赤茶色に近い気がしますが、赤コリです。ちなみにヒレの長いタイプのロングフィン・ドリドラス・アエネウスはさらに赤みが強い傾向にあります。アエネウスという名前からも分かると思いますが、白コリの原種になります。白コリはこの赤コリの改良品種なんですね。赤コリは原種だけあってその素朴さ、顔の可愛さはピカイチ(!?)で、個人的にはとても好きな種類です。

赤コリは存在を際立たせる、というよりは素材と同化するようなレイアウトがおすすめです。水草と流木が生い茂ったレイアウトでたまに顔を出すくらいのさりげなさが格好いいと思います。

コリドラス・シミリス

別名コリドラス・バイオレットとも呼ばれるコリドラスです。尾びれ付近が紫がかって見える人気種です。体表の模様も縞模様とスポット模様を併せ持つ個性的な姿です。

整った環境で長く育てると尾びれ付近の紫の発色が良くなるようです。底床は白っぽい明るい色の砂の方が映えると思いますが水草が生い茂った水槽も合いそうです。

コリドラス・パレアタス

通称”青コリ”と呼ばれるコリドラスです。水流が強めの環境ではヒレが長く伸びる傾向があり、その泳ぎ姿は優雅であり精悍な印象をも受けます。環境が良いと綺麗な青に染まってくれます。

底床は白っぽい砂を敷いて青系の石(龍王石など)を多く配置したレイアウトにすると、かなり爽やかな水槽になるハズです。もちろん水草にも合いますので、ある程度どんなレイアウトにも対応できる種類だと思います。

コリドラス・イルミネータス ゴールド

こちらは黄色と言うよりは黄金色のコリドラスです!超レア種でなかなか市場に出回らない希少種です。アエネウスのような体系をしていてその輝くようなボディはまさに歩く身代金!?笑

明るい緑の水草との相性も良いですし、底床を白っぽい砂にすればまさに白金(プラチナ)!見る人を惹きつける驚異的な魅力を放つことでしょう。

コリドラス・ベネズエラブラック

ご覧の通り黒いコリドラスです。改良品種になりますが、その美しさは唯一無二。コリドラスの中では少々値が張る種類ですが、そのせいか妙な風格があります。

緑が生い茂った水草とのコントラストがとても美しいので、水草を多めに入れてあげると存在感が際立ちます。綺麗な水を好み、ある程度の強さの水流を好みますのでエアレーションやフィルターで水流を作ってあげるといいでしょう。

コリドラス・コンコロール

緑はコチラのコリドラスです。黒~深緑のような渋い色の緑です。背びれや尾びれ付近はオレンジがかった色になりグラデーションが非常に美しい種類です。

流木が入り組み、水草が生い茂ったレイアウトにハマると思います。ダークな雰囲気で大人っぽい水槽が演出できそうです。水草と同化するようなレイアウトにすると面白いかも!笑

白黒

コリドラス・パンダ

コリドラス界のマスコット的存在です。パンダにような黒いアイバンドが可愛い人気の種類です。アクアショップでもよく見かける種類ですね。

コリドラス・パンダのようなモノクロはどんなレイアウトでも合うと思います。より際立たせたいと思うなら底床は白っぽい砂にして明るい緑の水草を植えるのがおすすめです。

オレンジ

コリドラス・ベネズエラオレンジ

名前にオレンジが入っているほどのオレンジ役です。種類的にはベネズエラブラックと似ていますね。オレンジはもちろんですが、青みがかった頭と体の一部がとても美しい種類です。

この種類は流木が多く存在する入り組んだレイアウトにとても映えそうです。さらに底床を白っぽい砂にすればベネズエラオレンジの派手な発色も相まって気分は南国!?笑

<まとめ>

色とりどりのコリドラスは個性豊かでどれもとっても可愛いですよね。今回紹介した種類はあくまでもほんの一部です。「〇色だったらコレでしょ!」などあると思いますが、そこは是非あなたの水槽というキャンパスをあなた色に染めてあげて下さい。

現在のレイアウトに合わせてコリドラスの色を揃えてもいいですし、気に入った色のコリドラスが映えるようなレイアウトを考えるのも楽しいですね。知れば知るほど奥が深いコリドラスの世界、是非飛び込んでみて下さい!