コリドラス・パレアタスの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【青コリ】







スラっとした長い背びれと青黒い斑点模様が特徴的なコリドラス・パレアタス(通称:青コリ・青コリドラス)。環境の良い状態だと背びれがとても長くなり美しい姿になります。一般的なコリドラスよりシャープな印象で泳ぎ姿もどこか優雅です。

そんなコリドラス・パレアタスの飼い方・餌・繁殖・寿命など、必要な情報をまとめました。

名前

コリドラス・パレアタス(通称:青コリ)

学名:Corydoras paleatus(※流通名で記載する場合があります)

コリドラスは主に水底を泳ぐナマズの仲間です。

コリドラス・パレアタスは南米広域に生息する品種で数多くいるコリドラス種の1種です。

青コリという通称が一般的ですが、花コリとも呼ばれます。

体長(サイズ)

約4~6cm

キレのある長い背びれが特徴的で、状態の良いものはまるで帆のようにピンと立てて泳ぎます。

体の青黒い斑点模様は個体によって様々で、お気に入りの個体を探すのもまた一興です。

寿命

約3~5年

飼育する環境による所が大きいですが、一般的な寿命です。

特徴

水底の掃除屋

コリドラスは主に水底を泳ぎ、砂や小石などをほじくり微生物などを食べる底棲魚です。

その為、底床はソイルより、粒の細かい砂の方がいいでしょう。

コリドラス・パレアタスも例に漏れず、他の魚が食べ残した餌なども食べてくれる「水底の掃除屋」としても有名です。

ただ、オトシンクルスや石巻貝のようにガラス面などの藻やコケは食べません。

 

性格は温和で多種との混泳も可能です。また、群れで泳ぐのが好きな為、複数で飼うと群泳が見られます。

またコリドラスの多くは臆病な面もありますので、流木や石、水草など隠れ家となる場所を用意してあげるとストレスなく過ごしてくれます。

 

また餌をよく食べ、よくフンをするので水質の変化や汚れが早くなりますので十分なろ過や適度な水替えなどが大事です。

水温・水質(pH)

22~26℃・弱酸性から中性(pH5.57.0

青コリはやや低めの水温を好みます。夏場などで水温が高くなる環境で飼育している場合は注意が必要です。

混泳させる事も多いと思いますので他の魚の適温である26℃前後で問題ないでしょう。

水質も弱酸性から中性までであれば問題ないでしょう。

ただ導入時の水質の変化には敏感ですので、水槽導入時は点滴法などでじっくりと時間をかけて水合わせを行うようにして下さい。

餌(エサ)

人工飼料・冷凍赤虫など

コリドラス種専用の人工飼料なども販売されており、その多くは沈下性(水にすぐに沈むもの)です。

これは水底に住むコリドラス達にも餌を行き渡らせる為で、コリドラスは往々にして大食漢ですので空腹で弱らないようにしてあげて下さい。

赤虫などの生餌も喜んで食べます。

繁殖

オス・メス複数で飼育する

コリドラス・パレアタスは比較的飼育難度が低く、繁殖の入門用にもお勧めです。

メスはオスよりも大きく体がふっくらしている個体が多く、胸ビレが丸みを帯びてきます。

オスはメスよりも小さく体が細身です。

繁殖を狙うならオス5匹・メス3匹以上の複数で飼育した方がいいでしょう。

若い個体・餌をしっかりと食べる個体が繁殖の可能性があります。

メスをオスが追いかけるような仕草を見せたら産卵を促す為、水替えなどでphや水温に変化を与えます。

産卵時にはTポジションという特徴的な動作が見られ、粘着性のある卵を産み付けます。

卵ごと隔離し酸素をしっかりと供給する為エアレーションを行ってください。孵化した稚魚にはヨークサック、栄養満点のブラインシュリンプがオススメです。

 

その他の似た種類

コリドラス・アエネウス

コリドラスの代表的な種類。通称「赤コリ」。

コリドラス・アエネウスの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【赤コリ】

コリドラス・アエネウス・アルビノ

コリドラス・アエネウスのアルビノ種。真っ白な体が特徴的で人気が高い。通称「白コリ」。

コリドラス・アエネウス・アルビノの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【白コリ】

コリドラス・パンダ

パンダのような白黒模様が人気のコリドラスの代表的な種類。

コリドラス・パンダの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【水槽の掃除屋】