グリーンロタラの育成方法・Co2・光量・肥料は!?【水草】







明るい緑の葉が美しく、グングンと伸びる成長速度から主に中~後景草に取り入れられる事が多い人気の水草、グリーンロタラ。実はある性質を利用すると前景草としても利用できる万能な水草です。

そんなグリーンロタラの育成に必要な情報をまとめました。

名前

グリーンロタラ(ロタラsp. グリーン)

学名:Rotala sp.’Green’

東南アジアに広く分布しています。

その名の通り茎から葉まで明るい緑色の水草です。

育成データ

育成難易度【★★★☆☆(普通)】

グリーンロタラはレイアウト水槽などに使用される事が多いメジャーな有茎草です。

水質・水温などにあまり厳しくない為、初心者の方でも比較的容易に育成できるでしょう。

また光合成を行っている時の葉の裏から大量に出る気泡はとても美しく、水草が呼吸をしている様子がよく分かります。

水温【20~26℃】

多くの水草の適温、26℃前後で問題ないでしょう。

水質【弱酸性~中性(pH5.5~7.0)】

多くの水草に適した弱酸性から中性で問題ないでしょう。

光量【20W蛍光灯2灯(60cm水槽の場合)】

育成するだけであれば、水槽サイズにあった一般的な水槽用照明で問題ないでしょう。

グリーンロタラは光量が少なめの場合、光に向かって真っすぐ伸びていきます。

逆に光量が十分にあると匍匐をしながら地面を這うように伸びていく性質があります。

その為、中~後景草でありながら前景草としても利用する事が出来ます。

ただ匍匐をさせるのは60cm水槽の場合、蛍光灯4灯以上のかなりの光量が必要になりますので難易度が上がります。

Co2添加【無しでもOK】

ほとんどの水草に言える事ですが、Co2添加を行う事で光合成が促進できる為、成長スピードや水草の発色などが良くなる傾向があります。

グリーンロタラはCo2添加無しでも育成は可能ですが、ショップや雑誌などで見る美しい群生を作るにはCo2添加が必要になってきます。

60cm水槽の場合、1秒2滴以上の十分な添加を行う事でグングンと伸びながら美しく育っていきます。

肥料添加【無しでもOK】

ほとんどの水草に言える事ですが、肥料添加を行う事で栄養が行き渡り、成長スピードや水草の発色などが良くなる傾向があります。

グリーンロタラは肥料添加無しでも育成は可能ですが、肥料を与える事でより美しく成長します。

葉から栄養を吸収する為、液体肥料を与えると栄養を十分に取り込んでくれるでしょう。

増殖方法

トリミング後の差し戻し

グリーンロタラはトリミングに強い為、カットしてもすぐに新芽が出てきます。

その為トリミングして切れた先をそのまま底床に植えて差し戻します。

これを繰り返す事によって水槽内にグリーンロタラをどんどんと増やす事が出来ます。

 

 

ロタラsp.Hraの育成方法・Co2・光量・肥料・赤くするには!?【水草】

大人気!ブセファランドラの育成方法・Co2・光量・肥料は!?【水草】

アマゾンフロッグビットの育成方法・Co2・光量・肥料は!?【浮草】

 



ABOUT US

このブログを運営している「いぬまる」です。 このブログを読んで頂く事で、皆さまのアクアリウムライフがより豊かで素晴らしいものになることを願いこのブログを運営しております。 初心者向けの記事や、熱帯魚など生体についての記事、実際にレイアウト水槽を作る様子を綴った記事などを投稿しております。 好きな熱帯魚はグラミー、コリドラス、カラシンです。