アマゾンソードの育成方法・Co2・光量・肥料は!?【初心者にもオススメの水草】







大きく明るい緑の葉が柔らかくも逞しい雰囲気が特徴的なアマゾンソード。CO2添加の必要もなく、丈夫で飼育何度も低いので初心者にもオススメの水草です。レイアウトのメインにしたり、エンゼルフィッシュの産卵床として使用するなど幅広い用途にも対応できます。

そんなアマゾンソードの育成に必要な情報をまとめました。

名前

アマゾンソード

学名:Echinodorus amazonicus

飼育のしやすい水草として有名なアヌビアスなどと並び、初心者の方でも簡単に飼育が出来るため水草育成の入門にはもってこいの水草です。

水面に向かって真っ直ぐ伸びていく大きな葉は存在感も抜群で、レイアウトのメインとしても十分に活躍できます。また、その大きな葉を生かして、フィルターのパイプなど隠したいものの前に植えるのも効果的です。

育成データ

育成難易度【★☆☆☆☆(非常に易しい)

アマゾンソードは大きな葉が特徴的ですが、サイズもさることながら成長すると数十枚もの葉をつけることもあります。その為、見た目の美しさもさることながら、小型の魚などの隠れ家になったり、エンゼルフィッシュの産卵床になったり、フィルターなどの機器を隠したりと使用範囲は多岐に渡ります。

水質・水温などにあまり厳しくない為、初心者の方でも容易に育成できるでしょう。CO2の添加をしなくてもグングンと育ってくれるので初心者には非常に心強い水草です。

ただ、最大で50cm程度と結構大きくなる水草のため、小さな水槽で植えすぎてしまうと圧迫感が出てしまうのでご注意ください。

水温【20~28℃】

多くの水草の適温、26℃前後で問題ないでしょう。

水質【弱酸性~弱アルカリ性(pH5.5~8.5)】

水質は幅広く順応できますので、そこまで気を遣うことなく気軽に導入できます。

光量【20W蛍光灯2灯(60cm水槽の場合)】

育成するだけであれば、水槽サイズにあった一般的な水槽用照明で問題ないでしょう。

より綺麗に育成するためにも、トリミングは大切です。古くなった(茶色くなった)葉はコケがつきやすくなりますので、茎の付け根付近からカットしてあげましょう。

Co2添加【無しでもOK】

アマゾンソードはCo2添加無しでも育成は可能ですが、Co2添加を行う事で光合成が促進できる為、成長スピードや水草の発色などが良くなる傾向があります。

60cm水槽の場合、1秒2滴以上の十分な添加を行う事でグングンと伸びながら葉を増やして大きく美しく育っていきます。

肥料添加【無しでもOK】

ほとんどの水草に言える事ですが、肥料添加を行う事で栄養が行き渡り、成長スピードや水草の発色などが良くなる傾向があります。

アマゾンソードは肥料添加無しでも育成は可能ですが、肥料を与える事でより美しく成長します。

根から栄養を吸収する為、ソイルなど底床を厚めに敷きしっかりと根付かせましょう。固形肥料などを埋めるのも効果的で根から栄養を吸収してくれるでしょう。

増殖方法

ランナーによる増殖

アマゾンソードはある程度成長するとランナーを伸ばし、その先に子株をつけ増えていきます。

放って置くとどんどん場所を占領していきますので、子株が出来たらランナーを切り、別の場所に植え替えるなどして調節して下さい。

また、茶~黒色に変色した葉は茎の付け根付近からカットし、綺麗な葉を残しながら育てると美しく成長します。

アヌビアス・コーヒーフォリアの育成方法・Co2・光量・肥料は!?【水草】

大人気!ブセファランドラの育成方法・Co2・光量・肥料は!?【水草】

アヌビアスナナ・プチの育成方法・Co2・光量・肥料は!?【水草】

 



ABOUT US

このブログを運営している「いぬまる」です。 このブログを読んで頂く事で、皆さまのアクアリウムライフがより豊かで素晴らしいものになることを願いこのブログを運営しております。 初心者向けの記事や、熱帯魚など生体についての記事、実際にレイアウト水槽を作る様子を綴った記事などを投稿しております。 好きな熱帯魚はグラミー、コリドラス、カラシンです。