アヌビアス・コーヒーフォリアの育成方法・Co2・光量・肥料は!?【水草】







初心者にも育成しやすい水草として有名なアヌビアス系水草の仲間で、葉脈がくっきりと浮き出る草姿から人気の高い種類がアヌビアス・コーヒーフォリアです。

シックな印象で落ち着いた雰囲気をしておりオシャレな水景を作りたい方にもおすすめです。

そんなアヌビアス・コーヒーフォリアの育成に必要な情報をまとめました。

名前

アヌビアス・コーヒーフォリア

学名:Anubias barteri “Coffeefolia”

アヌビアスに属するサトイモ科の植物です。

アヌビアスナナに比べて葉の凹凸がくっきりと浮き出る美しい葉が特徴的です。また、アヌビアスナナと同様に活着する性質を持っています。

育成データ

育成難易度【★★☆☆☆(易しい)

アヌビアス・コーヒーフォリアはアヌビアスナナと同様に、光があまりなくても育つ初心者にも育成のしやすい水草です。

流木や石などに活着させアクセントにするもよし、小型水槽ではレイアウトのメインとしても活躍が期待できます。

中心から出てくる新芽はやや透明で白っぽいので栄養不足と思われがちですが、新芽はみなこのような色で、育つにつれて葉の色が濃くなり葉脈もより目立つようになってきます。

また、成長速度が遅めな水草にありがちな事ですが、葉にコケがつきやすい為オトシンクルスなどのタンクメイトを入れるなどしてコケ対策をしっかりと行う事が綺麗に育成するポイントです。

また葉が重なって生えてくる為、下の方の葉が枯れてしまう場合があります。

その場合は枯れた葉をトリミングして多少間引きします。また間引く事で根付近の水通しもよくなり健康に育てる事ができます。

水温【22~28℃】

多くの水草の適温、26℃前後で問題ないでしょう。

水質【弱酸性~弱アルカリ性(pH5.5~8.5)】

水質は幅広く順応できますので、そこまで気を遣うことなく気軽に導入できます。

光量【20W蛍光灯1灯(60cm水槽の場合)】

育成するだけであれば、水槽サイズにあった一般的な水槽用照明で問題ないでしょう。

ある程度光量が弱くても問題なく育つのでそこまで光量に気を遣う事はありません。

Co2添加【無しでもOK】

ほとんどの水草に言える事ですが、Co2添加を行う事で光合成が促進できる為、成長スピードや水草の発色などが良くなる傾向があります。

アヌビアス・コーヒーフォリアはCo2添加無しでも育成は可能ですが、添加をする事でさらに成長が促進されます。

肥料添加【無しでもOK】

ほとんどの水草に言える事ですが、肥料添加を行う事で栄養が行き渡り、成長スピードや水草の発色などが良くなる傾向があります。

ただ、アヌビアス・コーヒーフォリアは成長が遅い為、肥料添加をすると逆にコケなどの発生原因になり葉が浸食される可能性があります。

アヌビアス・コーヒーフォリアは肥料添加無しでも育成は可能ですので、添加をする場合は過剰にならないように気を付けて下さい。

増殖方法

株分け

株分けをする事で増やすことが出来ます。

長くなりすぎた根は活着の具合が弱くなるので、株分けする際は根を短くカットしてあげると良いでしょう。

基本的に丈夫な水草ですので、整った環境であれば増やすことは非常に容易です。

 

 

アヌビアスナナ・プチの育成方法・Co2・光量・肥料は!?【水草】

大人気!ブセファランドラの育成方法・Co2・光量・肥料は!?【水草】

アマゾンフロッグビットの育成方法・Co2・光量・肥料は!?【浮草】

 



ABOUT US

このブログを運営している「いぬまる」です。 このブログを読んで頂く事で、皆さまのアクアリウムライフがより豊かで素晴らしいものになることを願いこのブログを運営しております。 初心者向けの記事や、熱帯魚など生体についての記事、実際にレイアウト水槽を作る様子を綴った記事などを投稿しております。 好きな熱帯魚はグラミー、コリドラス、カラシンです。