クラウン・ローチの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?







オレンジの体色に黒い模様が特徴的なクラウン・ローチ。その姿がクラウン(道化師)の衣装のように見えることからその名がつけられました。水槽内で横たわり眠る姿など、愛嬌のあるしぐさが見られます。導入時は白点病にかかりやすい為、注意が必要です。

そんなクラウン・ローチの飼い方・餌・繁殖・寿命など、必要な情報をまとめました。

名前

クラウン・ローチ

学名:Chromobotia macracanthus(※流通名で記載する場合があります)

インドネシアはスマトラ等やボルネオ島が原産のローチ(ドジョウの一種)です。流通量も多く、ショップなどでも比較的よく目にすることができ、中には模様が通常とは異なるパターンの個体もいます。こうしたコレクション性の高さも相まって、愛好家たちの間では特に人気の高い種類です。

体長(サイズ)

約10~30cm

最大で30cm程度になる種類ですが、一般的な小型水槽では10cm程度で成長が止まります。流通量が多いのはスマトラ島産で、腹ビレや尻ビレなどの赤味が強くなります。

寿命

10~20年

飼育する環境による所が大きいですが、一般的な寿命です。導入時の白点病に注意し、安定した環境で飼育をすれば30年生きたという報告もあります。同サイズの魚と比べても、とても長生きする種類として知られています。

特徴

導入時に注意し、臆病な性格なので複数匹で飼育を

クラウン・ローチは臆病な性格で知られており、複数匹での飼育が理想です。ただ、成長するに従い気が強くなり同種間や他の魚と争うこともあります。主に下層を泳ぐ魚ですのでコリドラスなど同じ下層を泳ぐ魚との混泳はやめた方がいいでしょう。その為、上層を泳ぐ魚と混泳をさせるなど、水槽内で遊泳域の棲み分けができると安定した飼育が可能です。

また、遊泳性が高い為に水槽から飛び出してしまうケースも多々報告されています。クラウン・ローチを飼育する際は水槽に蓋(フタ)をするなど、飛び出さないように対策をしておくと安心です。

そして一番気をつけなければならないのが導入時です。導入初期に白点病にかかりやすく、導入直後に死んでしまうケースが多々報告されています。水合わせは急激な水質の変化を感じさせないよう、点滴法などで慎重に飼育水に慣れさせていきましょう。

水温・水質(pH)

20~28℃・弱酸性~中性(pH5.5~7)

クラウン・ローチは多くの熱帯魚が好む26℃よりも少し低い水温、23℃前後を好みます。ただ低い水温で飼育する為、白点病に罹りやすい傾向にあります。

特に輸入されたばかりの個体は弱っていることが多く、白点病に罹りやすい傾向にあります。導入時は点滴法などでじっくりと時間をかけて水合わせを行い、安定するまでは水温を高めに保ってあげると白点病の予防に効果的です。

餌(エサ)

生き餌・人工飼料

冷凍赤虫などの生き餌を好んで食べますが、慣れれば人工飼料でも食べてくれます。

繁殖

一般的な飼育環境化での繁殖は難しい

クラウン・ローチの繁殖はホルモン剤の投与など人工的に繁殖を促す方法が主流のようで、一般的な飼育環境化での繁殖成功例はほとんどありません。

その他の似た種類

パキスタン・ローチ

メタリックなシルバーにも見える体色に黒い縞模様が美しい種類。

パキスタン・ローチの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?

 



ABOUT US

このブログを運営している「いぬまる」です。 このブログを読んで頂く事で、皆さまのアクアリウムライフがより豊かで素晴らしいものになることを願いこのブログを運営しております。 初心者向けの記事や、熱帯魚など生体についての記事、実際にレイアウト水槽を作る様子を綴った記事などを投稿しております。 好きな熱帯魚はグラミー、コリドラス、カラシンです。