オデッサ・バルブの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【極美種のコイ】







体の中心は入る太い赤いラインがとても美しいオデッサ・バルブ。コイの仲間として古くから愛されているバルブは丈夫で飼育も容易な為初心者の方にもオススメです。コイの仲間とは思えないその美しい色彩は水草レイアウト水槽などでもとてもよく映えます。

そんなオデッサ・バルブの飼い方・餌・繁殖・寿命など、必要な情報をまとめました。

名前

オデッサ・バルブ

学名:Puntius padamya(Pethia padamya)(※流通名で記載する場合があります)

プンティウスに属するコイの仲間として知られる、ミャンマー原産のバルブです。その派手な赤い色彩は近年まで改良品種と思われていましたが、ワイルド個体が知られてから自然な発色と言うことが分かり騒然となりました。※属名が”Puntius”から”Pethia”に変更されました。

体長(サイズ)

約5~7cm

オスは成熟すると赤いラインの色彩が強くなり、コイの仲間とは思えないほど派手で美しい姿になります。メスはオスに比べて赤い色彩が弱く地味な色合いで、オスメスの判別は容易です。

寿命

約3~5年

飼育する環境による所が大きいですが、一般的な寿命です。

特徴

飼育は容易だが発情したオスは気が荒くなるため混泳には注意が必要

オデッサ・バルブは丈夫な種類で、飼育は比較的容易です。

発情期のオスは特に気が荒くなる為、混泳には注意が必要です。ロングフィン種やエンゼルフィッシュなど、ヒレの長い魚はかじられる危険性があります。また、柔らかい水草も食害の被害にあう可能性がありますので注意が必要です。混泳させる場合は、オデッサ・バルブよりも大きなサイズで、水槽内を活発に泳ぎ回る素早い魚との混泳がオススメです。

バルブに多い水槽からの飛び出し事故を防ぐため、水槽に蓋(フタ)をするなどの対策をしておくと安心です。

水温・水質(pH)

22~28℃・弱酸性~中性(pH5.5~7)

オデッサ・バルブは多くの熱帯魚が好む26℃前後でいいでしょう。

本来はブラックウォーターに近い環境を泳いでいるため、弱酸性を維持できれば理想です。弱酸性の環境で飼い込むと綺麗な発色になるはずです。

熱帯魚に適したブラックウォーターの作り方【アクアリウム水槽】

ただ導入時の水質の変化には敏感ですので、水槽導入時は点滴法などでじっくりと時間をかけて水合わせを行うようにして下さい。

餌(エサ)

人工飼料・生き餌

人工飼料から赤虫などの生き餌までなんでも食べます。逆に食べすぎてしまう傾向があるため、体型が崩れてしまいせっかくの美しい姿が台無しになってしまうことがあります。餌は適量を与えるよう心掛けましょう。

繁殖

産卵は容易だが生まれた卵が食べられないように注意が必要

オスが発情期になるとメスを頻繁に追うようになり、メスが成熟していれば産卵行動に入ります。

繁殖に成功すると水草の茂みなどにバラ撒くように産卵をするため、水草が豊富に繁殖している環境がオススメです。豊富な水草は生まれた稚魚達の隠れ家にもなる為、安心です。

ただ、ばら撒かれた卵をそのまま放っておくと、他の魚や卵を産んだ親魚にあっという間に食べられてしまいます。親のペアを隔離するか、卵ごと回収してしまうか、などの対策を取りましょう。

ある程度育ってしまえば問題ありませんが、小さいうちは水質の変化にも敏感ですので水替えなどをマメに行い水の汚れには気をつけましょう。

その他の似た種類

レッドライン・トーピードバルブ

赤く染まる頭部が特徴的な種類。

レッドライン・トーピードバルブの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【極美魚】

チェリー・バルブ

全身が赤く染まる小型な種類。温かみのある色彩で水草水槽によく合う。

チェリー・バルブの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【鮮やかな赤いバルブ】

ロージー・バルブ

オスとメスで体色がかなり異なる珍しい種類。オスはオレンジ~赤に染まる。

ロージー・バルブの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【ファイアー・バルブ】

 



ABOUT US

このブログを運営している「いぬまる」です。 このブログを読んで頂く事で、皆さまのアクアリウムライフがより豊かで素晴らしいものになることを願いこのブログを運営しております。 初心者向けの記事や、熱帯魚など生体についての記事、実際にレイアウト水槽を作る様子を綴った記事などを投稿しております。 好きな熱帯魚はグラミー、コリドラス、カラシンです。