イエローフィン・バルブの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【豪華絢爛なプラチナバルブ】







キラキラと輝くプラチナボディに黄色いヒレが特徴的なイエローフィン・バルブ。コイの仲間として古くから愛されているバルブは丈夫で飼育も容易な為初心者の方にもオススメです。大型魚なのでアロワナとの混泳にも向いており人気の高い種類です。

そんなイエローフィン・バルブの飼い方・餌・繁殖・寿命など、必要な情報をまとめました。

名前

イエローフィン・バルブ

学名:Puntius schwanenfeldi var.(※流通名で記載する場合があります)

コイの仲間として知られる、主に東南アジア原産のバルブです。バルブは食用としても利用されることがありますが、こちらは観賞魚として美しさを磨き上げた種類で、キラキラと輝く鱗はとても存在感があります。

体長(サイズ)

約20cm

輝くプラチナボディは成長と共に重厚な輝きになります。ヒレは腹ビレ周辺が特に黄色く染まり、コイとは思えないほどに美しい姿に成長します。体高が高く存在感があり、アロワナなどの大型魚と混泳させても見劣りしません。

寿命

5年

飼育する環境による所が大きいですが、一般的な寿命です。10年以上生きたという報告もあり、かなり長生きする魚なのでじっくりと飼い込みましょう。

特徴

飼育は容易でアロワナとの混泳にもオススメ

イエローフィン・バルブは丈夫な種類で、好き嫌いのない雑食性な所からも飼育は比較的容易です。

水槽内でも遊泳性が高く、元気に泳ぎ回ります。

サイズ感やその美しさなどから、アロワナとの混泳にこの魚を選ぶ方も多いです。

また、バルブに多い水槽からの飛び出し事故を防ぐため、水槽に蓋(フタ)をするなどの対策をしておくと安心です。

水温・水質(pH)

22~26℃・弱酸性~中性(pH5.5~7)

イエローフィン・バルブは多くの熱帯魚が好む26℃より、やや低めの水温を好みます。

本来はブラックウォーターに近い環境を泳いでいるため、弱酸性を維持できれば理想です。弱酸性の環境で飼い込むと綺麗な発色になるはずです。

熱帯魚に適したブラックウォーターの作り方【アクアリウム水槽】

ただ導入時の水質の変化には敏感ですので、水槽導入時は点滴法などでじっくりと時間をかけて水合わせを行うようにして下さい。

餌(エサ)

人工飼料・生き餌

人工飼料から赤虫などの生き餌までなんでも食べます。好き嫌いのない魚ですので餌付けに困ることはないでしょう。

繁殖

産卵は容易だが生まれた卵が食べられないように注意が必要

サイズは大きいですが、コイの仲間ですので他のバルブと同様の繁殖方法をとります。

オスが発情期になるとメスを頻繁に追うようになり、メスが成熟していれば産卵行動に入ります。

繁殖に成功すると水草の茂みなどにバラ撒くように産卵をするため、水草が豊富に繁殖している環境がオススメです。豊富な水草は生まれた稚魚達の隠れ家にもなる為、安心です。が、アロワナなどと混泳させる場合はペアタンク水槽(底床や水草などを入れない水槽)の場合が多いと思いますので注意が必要です。

ばら撒かれた卵をそのまま放っておくと、他の魚や卵を産んだ親魚にあっという間に食べられてしまいます。親のペアを隔離するか、卵ごと回収してしまうか、などの対策を取りましょう。

ある程度育ってしまえば問題ありませんが、小さいうちは水質の変化にも敏感ですので水替えなどをマメに行い水の汚れには気をつけましょう。

その他の似た種類

レッドライン・トーピードバルブ

赤く染まる頭部が特徴的な種類。

レッドライン・トーピードバルブの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【極美魚】

ゴールデン・バルブ

輝くように美しい発色が特徴的な種類。

ゴールデン・バルブの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【豪華絢爛なプラチナバルブ】

ロージー・バルブ

オスとメスで体色がかなり異なる珍しい種類。オスはオレンジ~赤に染まる。

ロージー・バルブの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【ファイアー・バルブ】

 



ABOUT US

このブログを運営している「いぬまる」です。 このブログを読んで頂く事で、皆さまのアクアリウムライフがより豊かで素晴らしいものになることを願いこのブログを運営しております。 初心者向けの記事や、熱帯魚など生体についての記事、実際にレイアウト水槽を作る様子を綴った記事などを投稿しております。 好きな熱帯魚はグラミー、コリドラス、カラシンです。