バジス・バジスの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【スネールキラーにもなるカメレオンフィッシュ】







カメレオンのように周囲に合わせて体色を変える事から別名「カメレオンフィッシュ」とも呼ばれるバジス・バジス。各ヒレが青く発色したオス同士のフィンスプレッディングはとても見応えがあります。不思議な生態とその美しさから古くから人気のある種類です。

そんなバジス・バジスの飼い方・餌・繁殖・寿命など、必要な情報をまとめました。

名前

バジス・バジス

学名:Badis badis(※流通名で記載する場合があります)

インドが原産のバジスの仲間です。英名「カメレオンフィッシュ」は古くから知られており、こちらの名前の方が有名かもしれません。

体長(サイズ)

約5cm

成熟したオスの発色は非常に美しく、周囲に合わせて体色を変化させるというカメレオンのような特徴がとても面白い種類です。

寿命

約2~3年

飼育する環境による所が大きいですが、一般的な寿命です。

特徴

人工飼料よりも生餌を与えよう

バジス・バジスは丈夫で飼育も比較的容易です。ただ、発情期のオスは同種に対して気の荒い面を見せます。水草が繁栄した水槽で飼育し、隠れ家となる場所が豊富にある環境であれば問題ないでしょう。

餌にも注意が必要で、人工飼料を好まずアカムシやイトメなどの生餌を好む傾向にあります。人工飼料に餌付かせる事も不可能ではありませんが、人工飼料を食べない場合は生餌を与えましょう。

水温・水質(pH)

23~27℃前後・弱酸性~中性(pH5.5~7.0

バジス・バジスはやや低めの水温、新しい水を好みます。その為水替えをマメに行い、水質を一定に保ってあげると調子が上がります。

弱酸性の軟水が最適で、適した水で飼い込む事で発色もさらに美しくなるハズ。

ただ導入時の水質の変化には敏感ですので、水槽導入時は点滴法などでじっくりと時間をかけて水合わせを行うようにして下さい。

餌(エサ)

赤虫・イトメなどの生餌

人工飼料をあまり好まず、アカムシやイトメなどの生餌を好みます。

また、水槽内に発生したスネールなどの巻き貝も食べてくれるので、スネールにお困りの方一度試してみてはいかがでしょうか。

発色をさらによくする為、色揚げ効果のあるエサを与えるのもオススメです。

色揚げフードは様々なものが販売されていますが、バランスよく栄養を与えられるものがオススメです。

繁殖

比較的容易に繁殖が可能

バジス・バジスは比較的容易に繁殖が出来ます。ある程度の群れで飼育し、十分に成熟していればオスがメスを追いかけまわすようになります。この時ウィローモスなどの産卵床となるものがあればより確立が高まります。

繁殖に成功するとメスは産卵床に粘着質のある卵を産卵します。卵は小さく、これをそのまま放っておくと、他の魚や卵を産んだ親魚に食べられてしまいます。その為、卵を確認したら回収するなどの配慮が必要です。水草が豊富に繁栄する環境なら、卵を回収せずとも親魚などに見つからず孵化の成功率が高まります。

稚魚にはブラインシュリンプなどを与えて飼育しましょう。

ある程度育ってしまえば問題ありませんが、小さいうちは水質の変化にも敏感ですので水替えなどをマメに行い水の汚れには気をつけましょう。

その他の似た種類

None

 



ABOUT US

このブログを運営している「いぬまる」です。 このブログを読んで頂く事で、皆さまのアクアリウムライフがより豊かで素晴らしいものになることを願いこのブログを運営しております。 初心者向けの記事や、熱帯魚など生体についての記事、実際にレイアウト水槽を作る様子を綴った記事などを投稿しております。 好きな熱帯魚はグラミー、コリドラス、カラシンです。