コリドラスに初めて赤虫をあげてみました!【30cmキューブコリドラス水槽5】







<水槽立ち上げから27日>

コリドラス達のエサはここまでメディコリドラスをあげていました。

これは沈下性のスティックタイプの人工飼料で、トヨセリンという成分が配合されており水が汚れにくいというメリットがあります。

またコリドラス達の食いつきも良い為重宝していましたが、最近コリドラスが【赤虫(ユスリカの幼虫)】を好むという情報を見つけました。

コリドラスが喜ぶなら……!という事でアクアショップで冷凍赤虫を買ってきました!

 

これは一つ一つブロックになっており、与える分だけ小分けに出来ますので非常に使い勝手がいいです。

早速1ブロックを切り離しティッシュの上に置いて自然解凍します。

(後々面倒くさいと思い、全部1ブロックずつに切り離しまとめて冷凍庫にしまっておきました。)

気温が26℃くらいなら1時間ほどで十分解凍できます。

十分に解凍が出来たら上のフタ(フィルム)を剥がします。

これがまた剥がしにくい……ヤクルトのフタにつまみがなく、接着力が強力になった感じです。

僕はピンセットでつっついて穴を開け、そこから穴を広げて使用しました。

(ピンセットでつつくと汁が撥ねることがありますので気を付けて下さい。)

それでは早速あげてみましょう!!

白コリはすぐに食いついてますね!勢いがパねぇ!笑

さらにその後、


入れたら「ワーッ!」と群がる、と聞いていましたが、一部コリドラス・パンダとジュリーが完全にフリーズしています!

フリーズしている子は口をモグモグしている様子もないので戸惑っていたのかな?

赤虫がまわりにわんさかいるのに微動だにしないコリドラスがシュールです。

※この後しっかりとみんな食べていました!

ってかこの冷凍赤虫、1ブロックにめっちゃ入っていますね!笑

動画の量で1ブロックの10分の1くらいですかね。ほんのひとつまみでこれだけあります。

30cmキューブ水槽でコリドラス5匹のこの水槽には1ブロックでも半分以上余ってしまいます。

(余った赤虫は水草水槽の方にもあげました。)

それにしても赤虫を食べているコリドラスを見ていると、食物連鎖を再認識させられますね。

これぞアクアリウムです!

これからは人工飼料の日、たまに赤虫の日を設け与えていきたいと思います。

最後に。

赤虫は生物を冷凍したものなので当然ですが、脂肪分などが豊富に入っており、

上記人工飼料に比べ赤虫をあげると「水が汚れる」とよく言われています。

もちろん脂肪分が水面に油膜を張ったり、コケの元になったりする事はあると思います。

ですが以下2点に気をつければ何も問題はありません。

①しっかりと解凍する事

溶ける時に出る液体が汚れの元になります。液体毎水槽内に投入するのはさすがにやめた方がいいです。

赤虫だけを与えればいいので、ピンセットで赤虫だけを摘みあげて下さい。

②あげすぎない事

人工飼料でも同じ事が言えますが、食べ残しがジワジワと水を汚していきます。

少なめを心がけるようにしましょう。

個人的には水が汚れたとしても、生体たちが生物を食べる事の方が重要だと思うので特に気にしていません。水質チェックもマメに行っていますが、何も問題ありません。

 

生体が本能を呼び起こすかのように食らいつく赤虫、是非あげてみて下さい!

 

コリドラス・パンダの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【水槽の掃除屋】

 



ABOUT US

このブログを運営している「いぬまる」です。 このブログを読んで頂く事で、皆さまのアクアリウムライフがより豊かで素晴らしいものになることを願いこのブログを運営しております。 初心者向けの記事や、熱帯魚など生体についての記事、実際にレイアウト水槽を作る様子を綴った記事などを投稿しております。 好きな熱帯魚はグラミー、コリドラス、カラシンです。