コリドラス向けのシンプルなレイアウト水槽を作る【30cmキューブコリドラス水槽1】







コリドラスが可愛すぎてコリドラス専用の水槽を作りたくなっちゃった!

そんな事から急遽立ち上げることにした30cmキューブ水槽で作るコリドラス水槽!シンプルなレイアウトを目指して構成素材も最小限にします!追加は後からいくらでもできますからね!笑

コリドラスを飼育する前に必ず知っておきたい7つのポイント!【熱帯魚】

まずは水槽!

コチラの水槽は安い!綺麗!でかなり評価が高いです。透明感もかなり高めです!

そして照明!

コチラも同じく評価の高かった寿工芸で揃えてみました!めっちゃ明るいです!綺麗です!30cm水槽を2つ並べて60cmの照明で照らすのもアリです!

フィルターはこれ!

これは最初に買ったテトラの水槽セットについていたAT-20の上位版です!予備で飼っておいたろ材が使いまわせる為これにしました!水流も結構強くできるのでコリドラスが好む水流のある水槽もこれで十分だと思います!

ただこいつのフィルターは活性炭で物理濾過メインのろ材の為、生物ろ過も考慮し追加で以下ろ材を投入します!

これも安くて非常に評価が高かったです!最初はAT-30に付属する活性炭のフィルターと、隙間にこのろ材を少し入れます!しばらくしたらもうこいつらだけにしようかな~と思ってます!

さらにコリドラスは水流がある環境を好むそうなので、任意の強さで水流を作り出し、ついでに酸素まで供給してくれるエアレーションも投入します!全てはコリドラスの為に!

これもかなり評価が高いですね。使ってみた所、水槽台の中に設置している環境ですが振動音は全く気になりません!出力される泡は最強にするとめちゃ激しいブクブクが出ます!笑 最弱でも十分なブクブクでコリドラス達もニッコリです!コリドラスが泡で遊ぶ様子が見られますよ!30cm水槽なら十分なパワーです!

またヒーターはこれ!

これは既に同じものを使っており、壊れた時の使いまわしも出来る為2個買っておきました!30cm水槽という限られたスペースを有効に使う為、縦置きで設置できるコイツはお気に入りです!(※縦置きする場合は水換えの際、ヒーター部分が露出する事がありますので水替えの際は電源を切るのを忘れずに!)

そして肝心の底床は……

コリドラスと言ったらコレ!という位、有名な田砂です!!角がない砂の為、砂をモフモフするコリドラスのヒゲやエラ・ヒレなど体を傷つけません!また結構細かい砂ですが、比重が重めなので水中に舞い上がりにくいです。ちなみに30cmキューブ水槽では2kgあれば1cmくらいの厚みで敷くことが出来ます。あまり厚く敷くと底の方で目詰まりし、そこに細菌が溜まっていきコリドラスが病気になってしまう可能性がある為、薄めに敷く方が多いそうです。

そして出来上がった水槽がコチラ!

<水槽立ち上げから3日>

コリドラスは主に底で生活する魚の為、なるべく広く場所を取りたかったので必要最小限の素材にしました!水槽背面には、ADAの黒のアクアスクリーンを貼っています!田砂とのコントラストが美しいです。これまたADAで買った流木、スリムウッドには今まで使っていたアヌビアスナナを移植し、アクセントになるのを狙って流木の頂上付近にはアヌビアス・コーヒーフォリアを追加。この流木の陰になっている部分を隠れ家(休息地)にしてくれると嬉しいな~と思います。また石に活着してあるミクロソリウムを買ってきました!コリドラス水槽にはCO2を添加する予定はない為、光があまりなくても育つ水草ばかりを選択しました。

コチラの水槽には避難用水槽で待機していたコリドラス・パンダ×3匹、石巻貝×2匹、ヤマトヌマエビ×2匹を投入しました!魚導入前に避難用水槽で使用していたろ材を使って回しており、環境の立ち上がりが早かったと思っています。もちろん生体導入前には念入りに点滴法で水合わせをしました~!

そしてコリドラス・パンダ達(パンダPと呼んでいます)は元気にエアレーションで遊んでいます!

可愛すぎる~!!笑

 

アクアリウムで1つの水槽にかかる金額とは!?(コリドラス水槽編)【初期費用の目安】

水草をメインにしたレイアウト水槽の立ち上げ【30cmキューブ水草水槽1】

 



ABOUT US

このブログを運営している「いぬまる」です。 このブログを読んで頂く事で、皆さまのアクアリウムライフがより豊かで素晴らしいものになることを願いこのブログを運営しております。 初心者向けの記事や、熱帯魚など生体についての記事、実際にレイアウト水槽を作る様子を綴った記事などを投稿しております。 好きな熱帯魚はグラミー、コリドラス、カラシンです。