ニジイロボウズハゼの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【飼育が容易なゴビー】







ニジイロボウズハゼは光沢のある体色と赤いヒレが特徴的なハゼ(ゴビー)の一種です。愛嬌のある顔と、腹ビレを使って水槽内のオブジェクト(流木や壁面など)を器用に登る姿がとてもチャーミングで、飼育も容易な為、人気の高い種類です。

そんなニジイロボウズハゼの飼い方・餌・繁殖・寿命など、必要な情報をまとめました。

名前

ニジイロボウズハゼ

学名:Stiphodon sp.(※流通名で記載する場合があります)

インドネシアが原産のボウズハゼの仲間です。ボウズハゼの仲間は色彩変異が多いことや、海と川を行き来する【両側回遊魚】という特性上、生息域が非常に広いことから、種類の分類や固定が難しく、よく似た種類が他にも多数知られています。このニジイロボウズハゼは別名「レッドネオン・ゴビー」、「レッドフィンレインボー・ゴビー」とも呼ばれます。

体長(サイズ)

約7cm

ニジイロボウズハゼはそこまで大きくなりませんので小型水槽でも飼育が可能です。成長するに従って変化するボディの鮮やかさは一見の価値ありで、飼育の楽しさも存分に味わえます。

ショップなどで流通するのは主にオスで、婚姻期にさらに美しい色彩を見せてくれます。メスは黒い縞模様を持っています。体色が地味で固定が難しいメスはほぼ流通しません。

寿命

約3年

飼育する環境による所が大きいですが、一般的な寿命です。

特徴

安定した飼育の為に十分な隠れ家を

ニジイロボウズハゼは温和な性格で、他種との混泳も可能です。

同種間では争うことがありますので、流木や水草など、隠れ家となる素材を多く入れてあげることが安定した飼育に繋がります。

また、海と川を行き来する【両側回遊魚】という特性上、一般飼育下での繁殖は難しいでしょう。

水温・水質(pH)

22~25℃・中性~アルカリ性(pH7~8.5)

基本的に丈夫な種類なので病気にも罹りにくく、飼育はしやすいでしょう。

水質は中性から弱アルカリ性の水を好みます。導入時などの急な水質の変化には敏感ですので、水合わせの際は点滴法などでじっくり時間をかけて水に慣れさせてください。

餌(エサ)

生餌など

草食性が強く、人工飼料はあまり食べません。

自然界では石などに付着した藻や、微生物を食べています。水槽内でも茶ゴケなどの藻類を食べますが、ブラインシュリンプや赤虫・イトメなど生餌を好むため、たまに与えるといいでしょう。

繁殖

一般的な飼育環境化での繁殖は難しい

ニジイロボウズハゼはオープンポウナーと呼ばれる産卵方式を取り、流木やフィルターのパイプの上などの上に産卵をします。

が、海と川を行き来する【両側回遊魚】という特性上、幼魚期には海水が必要になります。その為、一般的な飼育環境下での繁殖は難しいでしょう。

その他の似た種類

None

 



ABOUT US

このブログを運営している「いぬまる」です。 このブログを読んで頂く事で、皆さまのアクアリウムライフがより豊かで素晴らしいものになることを願いこのブログを運営しております。 初心者向けの記事や、熱帯魚など生体についての記事、実際にレイアウト水槽を作る様子を綴った記事などを投稿しております。 好きな熱帯魚はグラミー、コリドラス、カラシンです。