海水魚の飼育におすすめな水槽セット!オーバーフロー水槽で自宅を水族館にしよう!

「海水魚って自宅で飼えるの?」そんな疑問にお答えすべく、海水魚飼育におすすめな水槽セットを紹介していきます!ひと昔まえまでは海水魚の飼育は敷居が高かったイメージがありますが、近年では進化した様々な飼育グッズにより想像より簡単に海水魚の飼育が可能になりました。是非自宅で飼育してプチ水族館気分を味わってみて下さい!

海水魚の飼育におすすめなオーバーフロー水槽とは

海水魚は果てしなく広大な海に生息する生き物です。海には微生物をはじめ大小さまざまな生物が生息していて、食物連鎖によって生命が循環しています。そんな環境を自宅の小さな水槽で再現するのはほぼ不可能に近いものがあります。ですが近年発達してきた飼育法および人工海水などの飼育グッズ達のおかげで、自宅での海水魚飼育が比較的簡単になってきました。

水道水と混ぜる事で簡単に海水が作れる「人工海水」

そして海水魚の飼育の中でも一番大切な事と言えば「水の循環」でしょう。海は常に大量の水が流れており、新鮮な水が常に注がれているような状態です。海の中では魚がすこしくらいフンをしても自然にろ過・分解される為、水質に与える影響はほぼ無いと言っても良いでしょう。そんな環境を自宅の小さな水槽で再現する為には、できるだけ大量の水で、さらに循環を良くさせる必要があります。そんな狙いで生まれた手法がオーバーフロー水槽です。

オーバーフロー水槽とは……

水槽の下などに独立したろ過槽を設置し、そこからポンプで汲み上げた水が水槽に戻り、また溢れた水がろ過槽に戻る、というシステムです。
水槽内の水量+ろ過槽の水量が確保出来るため、大量の水を循環させる事が出来ます。

水族館などでも取り入れられている手法です。海水魚飼育にオーバーフロー水槽が向いている、と言われる理由はこういったところにあります。

海水魚の飼育におすすめな水槽セット

「オーバーフロー水槽がいいのは分かったけどなんか難しいからセットになっているやつない?」……「あります!笑」各種メーカーがオーバーフロー水槽の水槽セットを販売しています。自分でひとつひとつ素材を組み合わせてもいいのですが、海水魚飼育用に組み立てられたこういうセットは手っ取り早くてオススメです。

低価格が魅力のジェックスです。水槽とろ過槽が一体型となっていて、あとは中身(砂や生体など)を入れればすぐに使えるものですね。照明もついていますが、その他の足りないものは必要に応じて買い足していくイメージですね。こちらはメーカーも淡水魚・海水魚の飼育を可能と謳っており、手軽にマリンアクアリウムを楽しめると思います。ただ水槽自体は小型で、水量も少なめなので数匹程度の飼育にしておいた方が良さそうです。他の海水魚飼育セットと比較するとかなりの低価格なので選択肢としてはアリかなと思います。

寿工芸のオーバフロー水槽セットです。こちらはオーバフローのシステムのみで、ろ過槽や水を汲み上げるポンプなどは別途購入する必要があります。ただ水槽サイズも大きめなのでろ過槽によってはかなり快適な環境が作れそうです。自分でろ過槽やポンプなど選別したい方にオススメです。

 

これはチャームが販売する飼育セットですね。コチラはオーバーフロー水槽ではありませんが、海水魚の飼育を始めるには十分過ぎるほどのセット内容です。水槽・フィルター・照明・ヒーター・クーラー・人工海水・底床・水質調整剤・餌・比重計など盛りだくさんです。クーラーもついているので温度管理は1年を通して安心ですね。

<まとめ>

今回は海水魚の飼育を始める時にオススメな水槽セットを紹介しました。

自宅を水族館みたいにしたい!そんな想いはアクアリストの夢ですよね。熱帯地方の川などに生息する熱帯魚はまだしも、果てしなく広大な海に生息する海水魚達を自宅で健康に飼育するには、できるだけ元の環境に近付けてあげる事が大切です。大きい水槽なら大きいほど良い海水魚の飼育ですが、小型水槽でも上記のような「オーバーフロー水槽」であればより安定した海水魚の飼育が可能になります。30cmキューブ水槽でもろ過槽がめちゃめちゃデカかったら問題ないですからね!笑

海水魚の飼育に興味がある方は是非チャレンジしてみて下さい!では、素敵なアクアライフを!