冬に備えてベタを金魚鉢から30cmキューブ水槽にお引越し!ヒーターも忘れずに!【金魚鉢ベタ水槽7】







ようやく涼しくなってきました。いぬまるです。
金魚鉢で飼っていたベタまる(ベタの名前です)ですが、ここにきて金魚鉢の重大な欠点に気が付きました!アクアリウム用ヒーターには吸盤がついているものが多数あると思いますが、金魚鉢は丸みがあるため、吸盤が付きませんっ!
こりゃヤバイぞって事で冬に備えてお引越しをします!

ブラックウォーターが簡単に作れる「ヤシャブシの実」と「マジックリーフ」の効果とは!【金魚鉢ベタ水槽6】

前回見事ブラックウォーター化に成功し、順調にいっておりましたがここに来て焦りました。別に吸盤が付かなくとも、金魚鉢の中にヒーターを放り投げるように入れてもいいんですが……ベタまるの遊泳スペースがかなり狭くなってしまうので今回は30cmキューブ水槽にお引越しします。

 

水槽はコトブキ工芸の30cmキューブ水槽!これホントいいですよね。ガラスは綺麗でなにより安い!

ベタのみの単独飼育にしますのでフィルターなどは無しでいきます!

今回はベタが優雅に泳げるように遊泳スペースを広くとりたい為、かなりシンプルにします!

・30cmキューブ水槽

・ヒーター

・底砂

・水草

・照明

以上です!

 

底砂はADAのラプラタサンドにしました。かなり明るい色でとても綺麗です。ベタまるが真っ黒なのでより目立つように底砂を選びました。

 

ヒーターはこれ!GEXのヒートナビ80(80W)です。ワット数が異なるものが数種類ありますが、コチラの80Wタイプは水量26L以下に適しています。30cm水槽は約25Lなので良いくらいのサイズかと思います。ちなみにコチラのヒーターは温度調整(15~35℃)機能付きです!

ヒーターは水量に合った物を使いましょう!

アクアリウム用ヒーターの選び方~W(ワット)数について~【水槽の水温管理】

 

そして超短時間で完成した水槽がコチラ!

照明は水槽に合わせてコトブキ工芸のフラットLEDを。

水草はADAの侘び草を2つ置いてあります。様々な有茎草が混じった水草ポッドのようなもので、置くだけでいいのでかなり重宝しています。

今は入れたばかりなので少し寂しいですが、すぐに成長して後景をぶわっ!と埋めてくれるハズです。

 

底砂はかなり薄く敷きました。フィルター無しの水槽なので水換えを意識しての薄さです。

 

そして写真右奥に設置したヒーターですが……これケーブルがかなり硬いですね!

ヒーターのケーブルは大抵硬いのですが、どう曲げてもご覧の通り黒いケーブルが斜めに突き出してしまいます!笑

 

 

前回飼ったヤシャブシの実とマジックリーフも軽いブラックウォーターにするため、浮かべます。

浮草(アマゾンフロッグピット)も入れました。ベタまるは頻繁に水面に泡巣を作るので(相手はいませんが!)泡巣の土台にしてもらえれば、と。

ケーブルは硬いですが……このヒーター良いですね!「0.5~1℃くらい誤差があるんだろうな」とタカをくくっておりましたが、ここ数日いつ水温計を見てもピッタリ26℃をキープしています!

※ヒーターの電源は空焚きしないよう必ず水に浸かっている状態で電源を入れましょう。安全装置がついていますが、故障の原因にもなるので日頃から「水換えの時はヒーターの電源を切る!」と意識しておくと、事故を予防できます。

おいおいベタまる……めっちゃ広いじゃないか!!しかも1人で!!(羨ましい)

これで冬もどんと来いです!ヒーターの安心感は精神的に余裕を与えてくれますね。万が一の為に、ヒーターは予備で余分に持っておく事をオススメします!

次回、水草が成長したらまたお見せしたいと思います~♪

 



ABOUT US

このブログを運営している「いぬまる」です。 このブログを読んで頂く事で、皆さまのアクアリウムライフがより豊かで素晴らしいものになることを願いこのブログを運営しております。 初心者向けの記事や、熱帯魚など生体についての記事、実際にレイアウト水槽を作る様子を綴った記事などを投稿しております。 好きな熱帯魚はグラミー、コリドラス、カラシンです。