流木がなかなか沈まない時に!水槽内に流木を沈める方法6選!【アクアリウム】







レイアウト水槽にて様々な用途で使用される流木。

枝に水草を巻き付けて自然感を演出したり、生物の隠れ家にもなったり、とアクアリウムでは非常に使用頻度の高い素材の流木ですが、いざ水槽に水を張ったら「流木が浮いてきてしまった!」とお困りの方も多いのではないでしょうか。

ここではそんな流木を水槽内に確実に沈める為の方法をいくつかご紹介します。参考になれば幸いです。

流木が沈まない理由として、「流木内に空気が溜まっている」ことにより、流木自体が浮力を持ち水に浮いてしまう、という事が考えられます。もちろん空気は目に見えないので、一見してもどのくらい空気が入っているのかは分かりません。しかし「木」というものはその素材自体に実に多くの空気を含んでいるものなのです。

つまり、流木内に溜まっている空気を抜いてあげる事で自重により自然と水に沈むようになる訳です。

①水に漬ける

まず一番簡単で手間も掛からない方法としては、水を張ったバケツなどの容器に流木を入れる。ただそれだけです。

この時に浮いて来ないように流木の上に石などの重りを乗せるといいでしょう。

流木の形状・大きさにより沈むまでの時間に幅はありますが、水に浸けておくことで流木が水を吸って空気を追い出し、沈むようになります。

また、水よりも沸騰したお湯を注いだ方がより沈むまでの時間が短いです。流木をお湯に漬けると、所々からシュワーっと空気が抜けていく様子が見られると思います。ただ沸騰したお湯を注ぐ場合は熱湯に耐性のある容器を使用して下さい

【メリット】……簡単に実行できる、沈むまで放置しておくだけなので手間がかからない

【デメリット】……沈むまで時間がかかる(小さいもので3~5日、大きいもので1週間以上)

②煮込む

次に有効な方法として、水を張った鍋に流木を入れ、火にかけて煮込む、というものです。

煮込む事でどんどん流木内の空気が放出されます。シュワーっとどんどん空気が放出されていく様子も見る事が出来ます。

ただ流木の樹脂なども放出される為、通常使用している料理鍋では行わない方が懸命です。流木を煮込む専用の鍋を用意する事をおすすめします。

ただガス代もバカになりませんので、ある程度煮込んだら「①水に漬ける」に切り替えるのもアリです。

【メリット】……沈むまでの時間が短い(小さいもので1~2時間、大きいもので6時間以上)

【デメリット】……長時間火にかける為に鍋・ガス代などのコストがかかる、長時間火にかける為に放置する事が出来ない

③穴を開ける

次に有効な方法として、流木に電動ドリルなどで穴を開け、空気を無理やり放出してしまう方法があります。

 

問題は流木の見た目が変わってしまうのと、どのくらい穴を開ければ沈むかが分からない点でしょうか。

やるのであれば見た目上、問題がない部分に穴を開け、水を張ったバケツに流木を入れて沈むかどうかを確認する、を繰り替えす方法が無難でしょうか。

ある程度穴を開けてあとは①水に漬けるとの複合でも構いません。

ちなみに穴を開ける事でエビなど小型生物の住処・隠れ家にもなります

小型生物が多数存在する水槽では省スペースで多数の住処を得る事ができます。

【メリット】……短時間で沈ませる事が出来る小型生物の隠れ家・住処にもなる

【デメリット】……電動ドリルなどのコストがかかる、流木の見た目が変わってしまう、枝状流木など細いものには難しい

④重りをつける

次に有効な方法として、流木に電動ドリルなどでビスやボルトを打ち込み、流木自体の重さを増す方法です。

 

問題は流木の見た目が変わってしまうのと、どのくらい重りをつければ沈むかが分からない点でしょうか。

やるのであれば見た目上、問題がない部分にビスやボルトを打ち込み、水を張ったバケツに流木を入れて沈むかどうかを確認する、を繰り替えす方法が無難でしょうか。

単純に流木自体の質量が増す為、沈むのは早いです。ただ枝状流木などビスやボルトを打ち込む箇所が少ない場合はこれに該当しない為注意してください。

【メリット】……短時間で沈ませる事が出来る

【デメリット】……電動ドリルなどのコストがかかる、流木の見た目が変わってしまう、枝状流木など細いものには難しい

⑤沈まない流木を水槽内に入れ、上から石などの重りで固定する

こちらはアクアショップなどでも実際に行われている方法です

バケツや鍋などに入らないほどの大きな流木を沈めたい場合は、直接水槽内に入れ、レイアウトを完成させましょう。流木の位置が決まったら、流木の上に重りとなる石を置き固定します。小さい流木は重りでの固定がしにくいので、この方法は大きい流木に有効です。

完全に沈むまで辛抱強く待つ必要がありますが、沈んでしまえば石を外すだけでそのままレイアウトに使用できる為、ある意味一番簡単でてっとり早い方法とも言えます。

ただし重りの石が崩れてこないように、固定する時は重りの石が動かないよう安定感を重視して下さい。

「もう沈んだかな?」と言って重りの石を外すと途端に浮いてきてしまう……というのはあるあるです。沈んだ事を確認する際は流木を手で抑えながら石をどけましょう。浮いてきたらすぐ石を乗せて下さい。沈むまでかなり時間がかかります。流木の大きさにもよりますが、少なくとも1ヶ月以上は気長に待ちましょう。

【メリット】……石を流木の上に置くだけの簡単作業、流木が沈んだら石を取り除けばそのままレイアウトとして使用できる

【デメリット】……沈むまでの時間はかなり長い(小さいもので1~2週間、大きいもので3~5週間)、沈むまで重りを取れない為に見た目が損なわれる、流木に乗せた石などが崩れないよう注意が必要

⑥石付きの流木を選択する

これも有効な手段のひとつです。流木の土台に石が付いているものも販売されています。たとえ流木に空気がたくさん入っていたとしても、石の重さで強制的に沈んでくれます。流木が沈むまで待てない人や、手っ取り早くレイアウトを固めたい方にオススメ。

もちろん水を張っても浮いてくることはありません。底砂で隠してしまえば石の部分を隠すことも可能です。

↑あえて石を見せるのもアリ!?

【メリット】……石付きの流木をそのままレイアウトとして使用できる

【デメリット】……流木がアク抜きされていない場合はアク抜きが必要、石が人工的に見えてしまうので自然な水景を目指すネイチャーアクアリムの場合は不向きだが、ソイルや砂などの底砂で隠してしまうこともできる

 

以上、流木を沈める方法6選でした。

流木の形状・大きさにより有効な手段は変わってきますが、是非お好みの方法で試してみて下さい。

熱帯魚に適したブラックウォーターの作り方【アクアリウム水槽】

水槽から流木を出さずにアク抜きができる秘密兵器を投入【30cmキューブ流木水槽4】

 



ABOUT US

このブログを運営している「いぬまる」です。 このブログを読んで頂く事で、皆さまのアクアリウムライフがより豊かで素晴らしいものになることを願いこのブログを運営しております。 初心者向けの記事や、熱帯魚など生体についての記事、実際にレイアウト水槽を作る様子を綴った記事などを投稿しております。 好きな熱帯魚はグラミー、コリドラス、カラシンです。