ベタの遊泳域を確保するため水草をトリミングする【金魚鉢ベタ水槽2】







ベタ水槽立ち上げから3日、早くも水草がぐんぐん伸びてきました!水草はADAが販売している佗び草(有茎草MIX)です。この水槽には専用の照明はなく、部屋の間接照明のライトを当てているだけなのですが、成長がかなり早い!笑

ベタちゃんの遊泳スペースが狭くなってきたので思い切ってトリミングしちゃいます!

<水槽立ち上げから3日>

中央に置いた水草の周りを泳いでもらう予定が、3日目にして早くも広がってきた水草でベタの遊泳スペースが狭くなってきていました。

上部は金魚鉢の口を超えるくらい伸びていますが、上部は元々水上葉として伸ばす予定だったので問題ありません。(餌は若干あげにくいですが……)

ただ水面付近の水草がかなり横に広がって伸びており、ベタの遊泳域の邪魔になってきました。また、ベタが水草に絡まっている姿も度々目撃しました。(自分から突っ込んで動けなくなっているような気もしますが……)

今後のためにも早い段階でトリミングしたいと思います。

 

金魚鉢から水草を取り出し、横に伸びた部分を思い切ってカット!!

かなり思い切っちゃいました!笑

それにしても、こういう時にADAの佗び草は便利ですね。土台ごと出してカットしてまた戻すだけ。超簡単です。

上に伸びている有茎草はカットせず、主に横に伸びている水草をかなり短くカットしました。

 

 

ついでに水換えをして、佗び草を戻します。

<Before>

<After>

かなりスッキリしました!上から見るとちょっと貧相に見えますが……また伸びてきますからね。

例によって中央付近が膨らんで見ますが、金魚鉢の特性上横から見ると膨らんで見えるだけで実際の土台はもう少しスマートです。笑

レイアウトは凸構図を意識しています。

美しい水槽レイアウトを作る為に意識すべき5つのポイント!【アクアリウム】

これでベタちゃんも思う存分泳げます!水草はどうせすぐに伸びてきます。頻繁に水草を出したり入れたりするのもベタちゃんのストレスになってしまいますので今回はかなり思い切ってバッサリとカットしました。

気持ち良く泳いでくださいっ!!

 

ベタの飼い方と豊富な種類について!コップで飼える美しい観賞魚ベタを飼育してみよう!

 



ABOUT US

このブログを運営している「いぬまる」です。 このブログを読んで頂く事で、皆さまのアクアリウムライフがより豊かで素晴らしいものになることを願いこのブログを運営しております。 初心者向けの記事や、熱帯魚など生体についての記事、実際にレイアウト水槽を作る様子を綴った記事などを投稿しております。 好きな熱帯魚はグラミー、コリドラス、カラシンです。